▼ MENU

トップ > 入れ歯のSOS(入れ歯が痛い) > 入れ歯のSOS(入れ歯が壊れた)

入れ歯が壊れた

どのように壊れていますか?

入れ歯をよく観察してください。次のどれに該当しますか?

  • ▪︎金属部品が取れた、変形した、折れた。
  • ▪︎入れ歯の歯が取れた。
  • ▪︎入れ歯が割れた、すり減った、ヒビが入った、穴が開いた、粉々になった。
  • ▪︎入れ歯の内側がはがれそうになっている。
  • ▪︎入れ歯自体をなくしてしまった。

こんな症状が出ていませんか?

歯肉、自分の歯、入れ歯の状態を確認してみましょう。

  • ▪︎歯肉→傷ができている、赤く/白くなっている、腫れている。
  • ▪︎入れ歯→壊れている、ヒビ、金属部品が取れている・変形・折れている。
  • ▪︎自分の歯→揺れている/痛い
  • ▪︎あるいは不自由していない、使えていると感じている方もいます。

そのままにすると?

  • ▪︎そのまま使っていると、さらに入れ歯が壊れて使えなくなります。
  • ▪︎入れ歯をはずしたままにすると残った歯や粘膜に悪い影響があり、入れ歯が入らなくなります。
  • ▪︎現在痛みがある場合は、その痛みが続く上に、強くなる可能性があります。
  • ▪︎痛みがない場合でも、他の残っている歯に悪影響がでてきたり、今後痛くなる可能性があります。

今、何をすればよいのでしょうか?

できるだけ早く電話して、来院予約をお取りください。
  • ▪︎歯肉に傷などができている場合は、なるべく入れ歯は外してください。
  • ▪︎そっと使用し、強く噛むことは避けて下さい。固いものも避けてください。
  • ▪︎入れ歯が入らなかったら無理に使用しないでください。
  • ▪︎残っている歯は歯磨きを続けてください。
  • ▪︎自分で修理・改造はしないでください。歯科医院での修理が不可能になってしまうかもしれません。
  • ▪︎歯科医院へ通院が困難な(歩行できない)場合、当院では訪問診療を行っています。お電話でご相談ください。
受診するときは以下のことに気をつけてください。
○安定剤はつけないでください。もしついている場合はなるべくはがしてください。
○ティッシュ等には包まずに、ケース等に入れてお持ちください。
○現在使っていなくても、過去のものも含めて所有している入れ歯は全てお持ちください。
○紛失した場合はその旨をお伝えください。

どのような治療をするのでしょうか?

  • ▪︎入れ歯の適合や咬み合わせ状況を確認します。ほとんどの場合、当日に応急修理いたします。その後、新たに作り直す必要があるか検討します。
  • ▪︎残っている歯と歯を支える周囲の組織の状態も検査します。残っている歯とその周囲の病気の有無と入れ歯との関連を調べます。
  • ▪︎問題の見落としがないよう、入れ歯とともにお口全体を検査し、同じ問題が出てこないように対策を練ります。
  • ▪︎どのようなケースに該当するかは、担当医が検査をしてご説明します。

現在の駐車場利用状況

カレンダー

休診日

矯正診療あり

外科診療あり

矯正・インプラント診療あり

ヘルスケア大学partnersベル歯科医院大人と子どものむし歯予防デンタルローン