▼ MENU

トップ > 採用情報 > 歯科医師の声

歯科医師の声

患者さまと喜びを共有できるのが矯正歯科の魅力

  • 佐々木 啓真
    矯正歯科医師/1992年から勤務
常に複数の選択肢を提示

母校である東京医科歯科大学の矯正歯科に在籍しながらベル歯科医院で矯正治療を担当するようになってはや18年。当初から変わらぬ診療方針として佐々木歯科医師は、「可能な限り複数の矯正プランを提示します。抜歯をする方法もあればしない方法もありますし、矯正用の器具ひとつとっても歯の表側に装着するものと裏側に付けるもの、白いワイヤー、マウスピースタイプなどいろいろです。最近はインプラントを利用した矯正治療も行われるようになりました。ですから、まずは患者さまの訴えを聞き、それに合わせていくつかの方法をお示しし、一番よいプランを患者さまと一緒に考えるようにしているのです」と説明する。より適切な選択肢を提示できるよう学会などに積極的に参加し、情報収集や最新技術の習得を続けている。
大学を退職したいま、ベル歯科に勤務するのは火曜日と土曜日。そのほかの日もいろいろな歯科医療機関で矯正歯科専門医として働き、これまでに担当した患者さまの総数は子どもから大人まで合わせて約3000人に及ぶ。そんななか、「以前に比べると、お子さまの歯並びをよくしたいとおっしゃる親御さんが確実に増えていると思います」と実感をこめて話す佐々木歯科医師。「歯並びをよくすると見た目が美しいだけでなく、子どもの成長や健康にもよい影響を及ぼすという知識が、マスメディアなどを通じて広く一般に浸透してきていることが背景にあるのではないでしょうか」と、時代の変化を分析する。

予防歯科との院内連携でう蝕や歯肉炎のリスクを回避

ベル歯科で矯正歯科に取り組むうえでのメリットとしては、予防歯科との連携効果を挙げる。「矯正治療中はどうしてもう蝕や歯肉炎などのリスクが高まります。一般にはこれらを予防できるかどうかは患者さんの意識の高さに左右されがちなのですが、ここでは予防プログラムがしっかり行われているので、こうしたトラブルのリスクが低く抑えられ、仮に発症しても早い段階で対処できるので安心感があります」と評価する。
歯科医師の立場から見た矯正歯科の魅力は、歯並びが整っていくのに伴い、患者さまの表情が明るくなっていくのを実感できることだと語る。自分自身、幼い頃に歯科医院に通い、反対咬合を矯正した経験がある佐々木歯科医師は、「患者さんの気持ちに共感できますし、長い時間をかけて治療していきますので、矯正が無事終了したときは本当にうれしいです」と笑顔を見せる。
これから矯正歯科に進もうとしている若い世代の歯科医師たちには、「歯科は教科書だけで勉強するのは難しい分野。特に矯正治療は症例を通してしか学べない面がかなりある。できるだけ治療現場を見学するなど、患者さんを診ることを重視してほしい」とアドバイス。研修の現場では、できるだけわかりやすく、興味を持ってもらえる指導を心掛けている。「人に教える余裕が出てきたのは実は最近のことなのです」と笑いながら、研修医や見学者が訪れるのを楽しみに待っている。

2017年01月インタビュー

CTや手術室の活用で診療の精度をさらにアップ

  • 入江 彰彦
    口腔外科専門医/2004年から勤務
3週間ごとに勤務し抜歯や手術を担当

開業医として地域の人々の診療を担いながら、全国各地の歯科医院を巡って専門医療を提供するフリーランサーの顔も持つ。こんなユニークな働き方を続ける入江医師がベル歯科医院に勤務するようになったのは、歯学部を卒業後10年間勤務した大学病院を退職しフリーになった2004年のこと。「以来13年間、親知らずの抜歯やインプラント手術、口腔がん検診を担当し、専門医として、またチームの一員として、質の高い歯科医療、口腔外科医療の提供を目指してきました」と振り返る。直近1年間の入江医師の診療実績は、すべての勤務先を含めたトータルで、親知らずの抜歯が患者数にして600人、歯の本数にして700本。インプラント手術は同じく80人、120本である。
ベル歯科医院には、当初は月に2回、6日間来ていたが、現在は3週間に1回のペースで月〜火曜の2日間勤務している。勤務日数が変わったきっかけは、2012年に、福岡に「いりえ歯科口腔外科クリニック」を開業したことだ。同クリニックは月曜が休診、火曜には代診の歯科医師が来てくれている。この2日間を、外部の医療機関に勤務する時間に充てているというわけだ。休日を使い、しかも移動時間だけでも長時間を要するこのような働き方はけっして楽ではないが、「いろいろな人と交流し、さまざまな価値観や考え方に触れながら診療するスタイルが好き」という思いが原動力となっている。

自身のこうした経験から、「医療に限らず、仕事は好きなやり方でやってこそ力が発揮できるものです。若い方々にもぜひ、好きといえる働き方を見つけてほしい。そうすれば仕事に打ち込むことができ、患者さまのためにもなるし、結果として、収入や充実感のかたちで自分に返ってくるはずです」とアドバイスする。

全身疾患の予防や睡眠障害治療にも興味

口腔外科医の立場から見た、この13年間のベル歯科医院の最大の変化は、CTの導入や手術室(個室)の設置だ。「インプラント治療におけるCTは、たとえてみれば、暗い道で車を運転するときのヘッドランプのようなもの。安全に治療するためには必要不可欠です。また手術室も、感染のリスクを回避する意味でとても重要。これらを完備している歯科医院はまだ少なく、地域におけるベル歯科医院の優位性といえます」と評価する。
一方、患者さま側の変化としては、「治療内容に関心を示し、質を求める方が増えました」と指摘。今では説明や情報提供を密に行い、本人の希望を聞きながら、一緒に治療計画をたてることが日常的になったという。

こんな入江医師が現在興味を持っているのは、全身疾患の予防や睡眠障害の治療だ。どちらもすでに行っており、さらに深めていきたいと考えている。歯科医師や口腔外科医が貢献できる分野はまだまだあるし、考え方しだいで活躍の場はもっと広がる。入江医師の実践は、そのことを雄弁に物語っている。

2017年1月インタビュー

在宅患者さまの人生と向き合う豊かな時間

  • 大澤 次郎
    歯科医師/2000年から勤務
歯科用ソフト開発から訪問診療へ役割がシフト

歯科医師になって17年。その大半をベル歯科医院とのかかわりの中で歩んできた大澤歯科医師。2000年に非常勤で入職してから10年余りは、主に歯科医院向け予約ソフトの開発を担当していた。医療機関のIT化が発展途上にあった当時、ベル歯科医院では質の高い診療を効率的に提供するため、独自のシステムづくりを進めていたのである。「単に予約に関する業務を電子化しただけではなく、スケジュール管理などもできるように工夫したソフトです。当院ではもちろん使っていますし、その後、販売もするようになって、現在までに全国40余りの歯科医院に導入していただいています。今後は、個人のスマートフォンと連動したシステムの開発や運用も必要だと、鈴木彰院長とはよく話しており、ぜひそういう仕事もしてみたいと思っています」と意欲を見せる。大澤歯科医師にとってプログラミングは趣味でもあり、やりたい仕事の1つでもあるという。

ただし、いま現在はシステム開発に打ち込む時間をとるのは難しいようだ。というのも、2011年4月に常勤となったときから一身に担っている訪問診療へのニーズが高まり、患者さまの人数も、訪問回数も、この6年で約2倍に増えているというのだ。現在の在宅患者さまの人数は120人前後。訪問回数は多い人で月2回、少ない人で3カ月に1回ほどで、訪問件数は月平均170回程度で推移している。

専用機器の発達により外来と遜色ない診療が可能に

こうしたニーズの高まりとともに、訪問診療を始めた頃と現在との大きな変化として挙げるのは、診療環境の進化だ。「当初は在宅専用の機器がなかったので、たとえばバキュームは掃除機を改造して自分でつくったりしていました」と言うが、所属する地域の歯科医師会に、訪問診療用に開発されたポータブルユニットやポータブルエックス線装置を会員に貸し出す制度が2年ほど前からでき、それを利用することで、院内での外来診療に比べてもほとんど遜色がないかたちでの診療が、在宅でも可能になったという。
6年間取り組んできて、いまあらためて感じている訪問診療の魅力は、「口から食べる」という人間が生きるうえで基本ともいえる重要な機能を、専門家として支えるこができる点。「認知症の方や重い身体疾患のある方でも、口腔の状態が良くなり口から食べられるようになると、笑顔が出るし元気になります。お亡くなりになる方も少なくないという意味では淋しさもありますが、ご家族から『最期に食べられて幸せだった』などと言っていただけるとやりがいを感じます。人生経験豊かな高齢者の皆さまと交流し、いろいろなお話を聞くことができるのも得難い経験です」と語る。

大澤歯科医師は、「摂食・嚥下機能の維持・向上は、これからの歯科には欠かせない視点です。在宅は、それを学び、実践できる貴重な場。もし敷居が高いと思って二の足を踏んでいる歯科医師がいるなら、ぜひ一歩踏み出してほしい。それによって在宅で療養している多くの方が救われるし、歯科の存在価値が高まると思います」と呼びかける。

2017年1月インタビュー

結婚・出産を経ても気負いなく働ける職場

  • 冨山 真理
    歯科医師/2012年度 医療法人社団ベル歯科 ベル歯科医院研修医
    現在5年プログラム5年目
患者さまやスタッフの思いやりに感謝

2012年にベル歯科医院の研修医となり、結婚してからも仕事優先で走り続けてきた冨山歯科医師。その生活が大きく変化したのは、妊娠がわかった2016年初夏の頃からだ。「いつも通り仕事を続けたいと思っていても、突然体調を崩して出勤できなくなったり、通勤電車を途中で降りたりすることが増えました。これでは患者さまにも職場の人たちにも多大な迷惑がかかると思い、院長と相談して勤務形態を変えていただいたのです」と状況を語る。具体的には、歯科医師をまとめるサブリーダーの役割を1年下の歯科医師にバトンタッチ。また、安定期に入るまで勤務時間を短くして負担を減らした。
当初は思うように仕事ができないことで落ち込むこともあったが、間もなく「そんなに悩む必要はないのかも」と思えるようになったという。それは、患者さまも含めて周囲の人たちが皆で冨山歯科医師を祝福し、応援してくれたからだ。「おめでとう、といった言葉はたくさんいただきましたし、ご自分の子育ての経験や、お孫さんのお話をしてくださった患者さまも多くいらっしゃいます。皆に見守られているのを感じ、力づけられました」と幸せそうだ。

実は、ベル歯科医院に就職した歯科医師が妊娠・出産を迎えるのは冨山歯科医師がはじめて。そのため医院では、すでにあった産休や育休の制度をあらためて見直した。「一般の歯科医院でこうした制度があるところはおそらく稀だと思います。私の役割は、無事出産し、復帰の準備をしっかりしたうえで仕事を再開すること。そして、子育てをしながらでも仕事を続けられるということを、身をもって示すことだと思っています」という冨山歯科医師の言葉には、自分を待っていてくれる職場への感謝の思いがこもっている。

復帰後の展開が今から楽しみ

出産という大きなライフイベントを迎えたせいもあるのか、ここ1年、仕事上の変化はさほど感じなかったという。ただし、自分の行った診療の結果を、患者さまの状態や、画像データ、数値を通して確認する機会は昨年以上に増えたと語る。「うまくいっているケースもあれば、反省することも少なからずあります。この反省点をできるだけ減らしていくのも今後のテーマです」と言う。

休業する間、150〜170人ほどの担当患者さまはすべてほかの歯科医師に任せるが、復帰したときに、また新たな視点で診察できるのが楽しみだという。「すでに4、5年診させていただいている患者さまもたくさんおられます。同じ患者さまを継続して診察しながら変化を見ていくことで、はじめてわかることもたくさんあると思うのです。そうしたことも、一つの職場に長く勤める意味だと思っています」と言う冨山歯科医師。復帰時期の目標は1年以内。その後の働き方は、子育てをしながらじっくり考えるつもりだ。

2016年12月インタビュー

歯科医院に対するイメージが変わった

  • 上田 聡太
    歯科医師/2013年度 ベル歯科医院研修医
クオリティーを追求する姿勢に“一目惚れ”

卒業後は大学病院で研修をし、大学で働き続けるのが当たり前と思っていたという上田歯科医師。その考えが変わったのは研修前、「興味本位で」ベル歯科医院を見学したときだった。「診療に高いクオリティーを求める姿勢が伝わってきました。開業歯科でここまでの取り組みをしているところがあるのかと驚き、一目惚れしたのです」と約1年前を振り返る。直感的に抱いた「ここなら良い勉強ができる」という感覚を確かめるために、時間をおいてもう1度見学。そこで「やはり本物」と思えたことから、ベル歯科を研修先に希望した。そして「せっかくなら大学と半年ずつではなく、自分の惚れ込んだ歯科医院でみっちりやってみたい」と、単独型臨床研修を選んだのである。
 実際に研修してみてまず感じたのは、患者さまから見た選択肢の豊富さだ。「保険診療、自由診療含めて提示し、説明し、選んでいただいてから治療に入ります。技術だけでなくコミュニケーション能力も求められますから、言葉の使い方、資料の提示の仕方など一つひとつ工夫が必要で、苦労しました。研修も終盤にさしかかったいまになってやっと、当初より少しは患者さまへの対応がうまくなった気がします」と自己評価する。過去の経験から歯科に強い恐怖感を抱いてしまった子どもが、上田歯科医師の治療なら泣かずに受診してくれるなど思いがけない反応も得られ、手応えを感じているところだ。
 また、ベル歯科の予防プログラムも大学にはなかった充実した内容で、「メンテナンスを習慣づけることで患者さまの意識まで変わり、セルフケアも上達して、結果的に良い状態が長く維持されることがわかりました。予防に取り組むことの二重、三重の効果を実感しています」と、研修で初めて体験したこと、感じたことを、驚きをこめて語る。

臨床経験を積みたい研修医におすすめ

ベル歯科の特徴の1つであるスピードへの要求の高さも身にしみて感じているという。「15分刻みで計画された診療時間内で、質を維持しながら一定の治療を終わらせることが求められます。そのため自分がどの処置にどの程度時間をかけているのかを常に分析し、1分でも縮められるように作業の順番を考えたりしています」と緊張感溢れる診療生活の一端を語る。
このスピードを追求するうえで大きな力になっているのが、歯科医師とアシスタント、それぞれの動きを連動させて効率的に診療を進めるフォーハンドテクニック。「自分1人での診療よりも格段に速い。診療内容を理解して補佐してくれる歯科衛生士や歯科助手の皆さんは、すごいとしか言いようがありません」と感心しきりだ。
1年先輩から院長まで7名いる先輩歯科医師たちを成長の指標としながら、仕事に打ち込む上田歯科医師。これから研修先を選ぶ後輩たちには、「患者さまをたくさん診たい、診療現場で手を動かしたいなら、ベル歯科がおすすめ」と呼びかける。

2013年12月インタビュー

ベル歯科で学んだ「根拠を持つこと」の大切さ

  • 田中 崇嗣
    歯科医師/2014年度 ベル歯科医院研修医
身近な先輩の存在が大きな支え

東京医科歯科大学歯学部剣道部OBで、鈴木彰院長の後輩にあたる。その縁で1年生の時から毎年、ベル歯科医院の見学を重ねていたという田中歯科医師は、「いつ伺っても丁寧で熱心。師匠と思えるような先生のもとで勉強したいと思っていた私にとっては運命的な出会いであり、最高の研修先だと感じています」と語る。
他の施設と比較したベル歯科の研修の大きな特徴としては、“お膳立て”がない点を挙げる。指導教官が患者さんを診察し、診断し、治療方法まで指導してもらえる大学などと違い、ベル歯科では、どのような症状がいつからあるのか、どういった診療を希望しているのかなどを研修医が自分で聞き出し、判断し、治療計画を立てなければならない。「そうした経験を先輩の指導のもとで早い時期から積ませていただけているのは非常に有意義」と実感をこめる。
もちろん、そのぶん責任は重くプレッシャーも感じるが、研修2年目から4年目まで各年代の先輩と「ドクター控室」で机を並べていることもあり、困ったことは何でも相談できるのが強みだ。「自分がこれから歩もうとしている道を、一足先に経験されてきた年齢の近い先輩方の存在は大きな支えです」と言う。

意見交換を通して考えが深まり視野が広がる

身近な先輩たちとの議論は刺激的でもあるという。「たとえば、同じ患者さんについて話し合っていても、自分がう蝕や歯周病に着目しているのに対し、先輩は明るい、理解力があるなど人柄をよく捉えていて、それを診療に活かしているのを感じます。また、う蝕の処置ひとつにしても、『なぜ処置するの?』『う蝕なら何でも処置が必要なの?』と問われる。答えに窮することもありますが、そうした一つひとつが自分で深く考えるきっかけになり、成長させていただけました」と語る。院長やベテラン歯科医師と直接意見交換をする機会も多く、「視野が広がります」とうれしそうだ。
1年目の研修の大半を終えた現段階で強く感じているのは、“伝える難しさ”だ。丁寧に説明したつもりでも実は患者さんには伝わっていなかった、といった経験を何度もするなかで、繰り返し話したり、言い方を変えたり、先輩のアドバイスも受けながらいろいろ工夫するようになったという。また、自らの内面の変化としては、「何事にも根拠を持つようになりました」と田中歯科医師。治療内容の根拠はもちろんのこと、患者さんへの説明、予約の時間などすべてに明確な根拠を求めるようになったのは院長や先輩の影響だ。こうした考え方から、後輩たちには、研修先の選択から実習、その後の進路の決定まで含めて、「なんとなく」ではなく自分なりの根拠を持って行うことをすすめる。
当面の目標は、歯科医師としての基礎を固めること。将来は開業を希望しており、ベル歯科独自の「5年プログラム」に乗り、総合的な知識と技術の習得を目指す。

2014年12月インタビュー

開業に必要な知識・技術を5年間で身につけたい

  • 秋草 宏伸
    歯科医師/2015年度 医療法人社団ベル歯科
    ベル歯科医院研修医
疑問を解決できる環境がある

歯学部入学当初から開業を志望しており、そのためにもオールマイティな力を身につけたいと考えていた。研修先を選ぶ際に意識したのも将来の開業だ。「歯科医院として成功していることはもちろん、私たちのような新人歯科医師の教育にも力を入れているところで学びたいと思っていました。研修前には4〜5施設を見学したのですが、中でもベル歯科は、こうした要素を十分満たしていたのと同時に、院長から、開業を応援すると言っていただけたことにとても魅力を感じました」と秋草歯科医師。同年代の歯科医師が多数勤務していることから、「疑問に思ったことやわからないことを議論できる環境、また的確に答えていただける環境が整っているとも感じました」と続ける。
実際に勤務してみた感想は、見学時の印象通り。最初は先輩歯科医師とペアで診療を行い、基本的な処置から始めて徐々にステップアップしてきた。5月後半くらいから担当患者さまを持つようになったが、その後も難しい処置や初めて行う手技については必ず先輩の監督下で行い、そのつど評価やアドバイスを受けている。「1日10名以上の患者さまを診させていただくことも多く、先輩からのフィードバックを受けながら、本当にたくさんのことを学ぶことができています。さらに患者様の資料作成、プレゼンテーションを行うことで、歯科医師としての自覚や責任感も強くなってきています」と、表情を引き締める。

自らの診療の質の高まりを実感

ベル歯科の特に良いところとしては、治療の目的が常に明確にされていること、診療の中味を細かなステップに分けて指導してもらえることなどを挙げ、「修復処置一つをとっても、診査診断し、麻酔をして、う蝕を除去し、充填して形を整え……というように多くの段階があり、それぞれの段階をさらに細かな手順に分けて教えていただいています。これまで何気なくやっていた作業にもすべて意味があり、全部できて初めて診療が成り立つということを日々の仕事を通して学び、やるべきことがよりくっきり見えてきました」と語る。また、ベル歯科独自の予防プログラムをベテラン歯科衛生士から学び、実践したことで、患者さま一人ひとりの歯を守っていくという意識が高まったという。
1年間の臨床研修が終盤にさしかかったいま、「最初は本当に何もできなかったのですが、診断能力も技術も徐々にですが確実に身について、結果として診療の質も良くなってきたと感じます」と笑顔で話す秋草歯科医師。これから研修先を選ぶ後輩には、「解決したい疑問がたくさんある人、幅広く学びたい人はここに来て、診療経験と議論を重ねてみるといいのでは」と呼びかける。4月からは5年プログラム2年目に移行予定で、「開業に必要なことはこの5年間ですべて学ぶつもりで頑張りたい」と張り切っている。

2015年12月インタビュー


現在の駐車場利用状況

カレンダー

休診日

矯正診療あり

外科診療あり

矯正・インプラント診療あり

ヘルスケア大学partnersベル歯科医院大人と子どものむし歯予防デンタルローン