▼ MENU

トップ > こんな風になれる?(歯を長持ちさせられる?) > こんな風になれる?(きれいな歯にできる?)

きれいな歯にできる?

色が変わってきたのはどこですか?

  • ▪︎色が変わってきたように感じるのはご自身の歯の色ですか?
  • ▪︎それとも詰め物、かぶせ物の色ですか?

ご自身の歯の色が変わってきたように感じますか?

  • ▪︎歯の色は不変ではありません。年齢とともに変わっていきます。
  • ▪︎歯自体の色が変わることも、歯の内側が変わることもあります。
  • ▪︎単に歯に歯垢などがついているだけで、歯の色は変わっていない場合もあります。

多くの場合では病的な変化ではないです。
多くの場合さまざまな治療法で改善することができます。

詰め物、かぶせ物の色が変わってきたように感じますか?

  • ▪︎詰め物、かぶせ物の色が変わってきた、または最初から合っていなかったように感じていますか?

この場合は歯を適切な形に整え、歯の色を再現する能力が高い材質を用いて作り直せば改善することができます。
また詰め物、かぶせ物も歯と同じく不変ではありません。変色しないように管理する必要があります。

どのような治療をするのでしょうか?

次のようにして解決していきます。

  • ▪︎まずは担当医がお口の中の状況をしっかり調べます。
  • ▪︎歯の色を検査し、どのような治療方法が良いか検討します。 例)ホワイトニング。歯の色の詰め物、かぶせ物の作成。
  • ▪︎理解したうえで治療方法をお選びください。




歯の色と詰め物、かぶせ物の両方を整えていくことで自然な色に整えていきます。整えた後はまた同じように変色しないように管理していくことが大切です。
料金や治療の流れはこちら
歯を白くするには


現在の駐車場利用状況

カレンダー

休診日

矯正診療あり

外科診療あり

矯正・インプラント診療あり

ヘルスケア大学partnersベル歯科医院大人と子どものむし歯予防デンタルローン