▼ MENU

トップ > 歯の緊急事態(金属が取れた) > 歯の緊急事態(歯がグラグラする)

歯がグラグラする

どこがグラグラしていますか?

グラグラする歯を鏡でよく見ましょう。次のどれにあてはまりますか?

  • ▪︎歯自体が揺れている。
  • ▪︎乳歯が揺れている。
  • ▪︎歯が割れて揺れている。
  • ▪︎歯にかぶせていたものが外れた、外れそう。

こんな症状出ていませんか?

  • 痛い
    噛むと痛い、食べ物がはさまると痛いなどの歯の痛みがある
  • しみる
    冷たいもの・熱いもの・甘いものが歯にしみる
  • 出血
    歯ぐきから出血したり、膿がでてくる
  • 取れる
    かぶせものや詰めものが取れかかっている
  • 揺れる
    乳歯が揺れていて、永久歯も生えてきている

※全く痛みはないので不自由していないという場合もあります。

そのままにすると?

  • ▪︎現在痛みがある場合は、その痛みが続く上に、強くなる可能性があります。
  • ▪︎痛みがない場合でも、他の歯に余計な負担がかかるので好ましくありません。
  • ▪︎グラグラしている状態を放置すれば確実に病気が広がり、最後は歯を失います。
  • ▪︎乳歯の場合、正常に生えかわらない可能性があります。

今、何をすればよいのでしょうか?

できるだけ早く電話して、来院予約をお取りください。
  • ▪︎痛みが強い場合は、痛み止め薬を応急的に飲むことは構いません。
  • ▪︎無理に歯を揺らさないでください。
  • ▪︎治療日まではできるだけその歯を使わないように配慮しましょう。
  • ▪︎その歯の清掃は歯ブラシの力をかけずに軽くこする程度にしてください。全く清掃しないでいると細菌のたまり場になってしまうので、ブラッシングは必要です。

どのような治療をするのでしょうか?

  • ▪︎まず歯自体をチェックし、歯が欠けていないか、ひびが入っていないか、むし歯ができていないかを調べます。歯を支える周囲の組織の状態や病気の有無も調べます。
  • ▪︎取れたものがある場合、使用可能か、修理可能か診査します。
  • ▪︎治療法は通常複数が考えられます。担当医が検査し、ご説明しますのでお選びください。
  • ▪︎担当医が、その歯を残せるのか、残せる場合はどのような治療をすればどこまで回復できるか予測します。
  • ▪︎この他に問題の見落としがないよう、お口の中全体をチェックします。その歯と関連する問題を発見し、治療計画に反映させます。

現在の駐車場利用状況

カレンダー

休診日

矯正診療あり

外科診療あり

矯正・インプラント診療あり

ヘルスケア大学partnersベル歯科医院大人と子どものむし歯予防デンタルローン