▼ MENU

トップ > 歯の緊急事態(金属が取れた)

金属が取れた

こんなトラブル起きてませんか?

歯にかぶせていた金属、歯に詰めていた金属が取れた場合どれか当てはまる症状はありますか?

  • しみる
    金属が取れる前または後から、冷たいもの・熱いもの・甘いものがしみる
  • 歯の痛み
    噛むと痛い、食べ物がはさまると痛いなどの歯の痛みがある
  • 欠けた
    金属の取れた歯を見て、変色していたり欠けたりしている

※全く痛みはないので不自由していないという場合もあります。

どのような金属がとれましたか?むし歯の治療で、歯につける金属はさまざまなものがあります。

  • 歯にかぶせていた金属
  • 歯にはめ込んでいた金属

そのままにすると?

現在痛みがある場合は、その痛みが続く上に、強くなる可能性があります。痛みがない場合でも、他の歯に余計な負担がかかるので好ましくありません。

今、何をすればよいのでしょうか?

できるだけ早く電話して、来院予約をお取りください。
  • ▪︎取れた金属は元に戻そうとせず、取れたままにしておいた方が良いです。前歯などで目立つ場合は、そっとかぶせ直しても結構です。ただし、市販の接着剤等を使うのは好ましくありません。
  • ▪︎治療日まではできるだけその歯を使わないように配慮しましょう。
  • ▪︎取れた金属は、捨てないで持参して下さい。
  • ▪︎その歯の清掃は、歯ブラシの力をかけずに軽くこする程度にして下さい。全く清掃せずにいると細菌のたまり場になるので、ブラッシングは必要です。

どのような治療をするのでしょうか?

その歯の状態をチェックし、歯が欠けていないか、ひびが入っていないか、むし歯ができていないかを調べます。

状態が良い場合はつけ直しで済む場合もあります。それ以外の場合は、歯の治療を行い、新たな材料で歯の形を回復します。

問題の見落としがないよう、その歯以外についてもチェックします。その歯と関連する問題を発見し、治療計画に反映させます。どのようなケースに該当するかは、担当医が検査をしてご説明します。


現在の駐車場利用状況

カレンダー

休診日

矯正診療あり

外科診療あり

矯正・インプラント診療あり

ヘルスケア大学partnersベル歯科医院大人と子どものむし歯予防デンタルローン